HOME >  車検の基礎知識 >  車検切れの罰則とは

車検切れの罰則とは

車検証の有効期限が切れた場合、いわゆる「車検切れ」を起こします。こんな時は、行政からの罰則があるようです。うっかりさんは、車検の時期を忘れてしまうかもしれません。
そんなことの無いよう、こちらでは車検切れの罰則についてまとめていますので、心して読んで頂けましたら幸いです。

車検切れは公道を走れるのか?

車検切れのまま公道を走って検挙された場合、無車検運行で刑事罰として、6か月以下の懲役又は30万円以下の罰金が科されます
また、行政処分として違反点数6点となり一発で免許停止となります。

さらに自賠責保険も切れている場合、無保険運行が加わり1年6か月以下の懲役または80万円以下の罰金、そして違反点数が合計12点となります。
前歴がなくても90日の免許停止、累積違反点数が多い場合には免許取り消しとなることも考えられます。
反則金を納めて済むという話ではないので、車検切れにならないよう、十分注意する必要があります。

万が一、無車検・無保険で事故を起こした場合、さらに事態は深刻です。
たとえ任意保険に加入していたとしても、被害者への補償が全額自己負担となる可能性があります
車検切れ、自賠責保険切れにはくれぐれも注意しましょう。

もしも、車検が切れてしまい公道を走れなくなった場合には、車両運搬会社に依頼して、検査場などまで車を運んでもらう方法と、臨時運行の許可を受け、仮ナンバーを取得して車検を受けに行く方法があります。

車検切れした車を運転するということはドライバーとしての義務を放棄することになります。車検は車検証の有効期限が切れる1か月前から受けることができます。
フロントガラスに貼ってある検査標章(車検ステッカー)を確認して、早めの準備を心がけましょう。